放射線で鼻血?

最近、いろいろ世間を賑わしている放射線で鼻血?の話だけど身近な放射線で怖いのはたぶん病院のCT(コンピュータ断層撮影)だと思う。1回で数十~百数十ミリシーベルトのX線被爆を受けるので癌検診などを目的に健康体にやりすぎるとCTの被爆によって癌になるんじゃないかとも言われている。

そんなこんなで、美味しんぼの人だけはよくわからない。

鼻血がでるほどの放射線に暴露したのなら昔東海村で臨界事故を起こした人のように急性放射線障害でもう助からないかも知れないほどだし、鼻血が出る人は別に福島県に多いわけでもなんでもなくて、沖縄県にも居るし北海道にも居る。漫画だから鼻血みたいなものを放射線に結び付けて描くのは丁度良いのかもしれないけど・・・

だったら、ラドン温泉に毎日入っている人は鼻血が出るのか?レントゲン撮影やCT撮影したら鼻血でるのか?人形峠や自然放射線が多い地域に住んでいる人は?かなりの放射線に常時曝されている宇宙ステーションに居る人たちは??

なんか鼻血が出る放射線と出ない放射線があるとでも言うのだろうか。

しかも人の住んでいない地目が工業地域にある大阪市のごみ焼却場の近くの住民にも岩手県の津波の瓦礫を焼却したから放射線障害が出ているというのは荒唐無稽と言うしかない。

まあ、でも、漫画なので・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*