FreeBSDで100V用 upsd 2.0を使う

確か昔はportsコレクションに100V仕様のAPC SmartUPSで使えるupsdがあった気がするんですが、なんか見当たりません。100V用のupsdもどっかで配布されていたんですがもう消えてなくなってしまってるようです。

というわけで、パッチです。
upsd-2.0.1.6_1.patch

cd /usr/ports/sysutils/upsd
make patch
patch -p0 < upsd-2.0.1.6_1.patch
make install

でいけるはず。

FreeBSDで2S-LPPCIeを使うの記事のパッチと合わせ技でSmartUPSへの監視に使ってます。

それはそうと多くの原発が停止してからというもの世界最高の水準だった電力の品質もかなり低下してきています。upsdのログを見てると瞬停や瞬間的な電圧低下は日常茶飯事になってきています・・・現在はアメリカと同じくらいの水準くらいでしょうか。
そのうちアメリカの標準的なビルのように日本中のビルにも自家発電機が設置されるようになるかも(アメリカでは日本と比較して停電が多いのでエレベータに閉じ込められないように自家発電機付のビルが多いです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*