Adaptec ASR-6405/6805

最近はRAIDカードにアダプテックのASR-6405/6805を使っているんだけど、同じ6405/6805でも色んなバリエーションがあって、よく見て買わないと騙されます;;

型番の最後にHがついてるのはアダプテックでホストバスアダプタ(HBA)を呼ばれるものでRAIDアダプタではありません。いわゆるFake RAIDカードと言われてるもので昔流行ったPromiseのFastTrakみたいなPC本体CPUのソフトウエアでRAIDするタイプです。これを使うならマザーボードについてるIntel Matrix RaidやOSのソフトウエアRAIDで充分だと思います。

型番の最後にEがついてるのはRAIDアダプタなんですが・・・騙されました;;
PCI-Eが6405Eで1レーン、6805Eで4レーンしかありません。1レーンしかない6405Eではスループットが出ないため実質Raid0やRaid10は使い物になりません。HDDでのミラーリング専用と考えた方がよさそうです。

6805Eは4レーンあるので、HDDなら2台のRaid0やHDD4台でのRaid10はなんとか使えそうですがSSDだとやはりPCIEがボトルネックになってスループットが出ません。

ということで、無印6405/6805が良いよーとつうことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*