CentOS6でpostfixをsendmailに変更

CentOS6.5をインストールするとMTAにpostfixが入るわけなんだけど、sendmailにしたいことも多いはず。ということで、postfixを削除してsendmailを入れ直します。

service postfix stop
yum erase postfix
yum install sendmail

なぜか、postfixをアンインストールするとanacronとsysstatも一緒に消えてしまうのでこれらをもう一度入れ直します。

yum install crontabs
yum install sysstat

sendmailと入れ直したcrondを起動。

service sendmail start
service crond start

それから自動起動をオンに。
これ忘れる人多いんですけど、mysqlとかインストールして手動で起動するだけ起動してリブートしたときDBに接続できない!とか・・・忘れるひと・・・大丈夫ですか?

chkconfig sendmail on

crondは最初から自動起動になってました。sysstatはお気に召すまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*