Linuxでコンソールの起動時解像度を指定する

テストとかで古い15インチモニタをつなげてると起動時、grubの画面は見えててもStarting udevあたりのメッセージが出たところでコンソールが高解像度に変更されて Input signal out of Range で画面が真っ黒になって困ることがたまにあるけど、そうゆうときはこれ。

kernel /vmlinuz-2.6.18-128.el5 ro root=LABEL=/ video=800×600

grub.confのkernel行に video=800×600 などとして解像度指定を追加する。googleで検索すると vga=771とか指定するというのがよくヒットするけど、今では通用しません。video=解像度です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*